【むくみ】原因と対策を知ろう!💡

こんにちは!

八丁堀・新富町のパーソナルジム、LEDONIA(レドニア)の関口です!

梅雨が近づいてきて湿気が多い日が増えましたね🌀

気圧も不安定で、浮腫みやすさを感じている方も少なくないと思います。

今回はできることなら誰もが避けたい、むくみの原因と対策についてお伝えします!

そもそもの大前提として、むくみとは「水分」のことです🐳

むくんだ状態は太ったり脂肪がついたわけではないのでご安心ください!

ずっと浮腫んだ状態が続くと脂肪がつきやすくなる、脂肪に変わるということでもありません。

原因を知り、対策を立てることで浮腫にくい身体を手に入れることができます✨

原因① 塩分の摂りすぎ

食事から塩分を取り過ぎてしまうと、その分身体は水分を蓄えようとします。

塩10g摂取すると1kgの水分を溜め込むとも言われるので、外食でたくさん食べた時や味の濃い食事をした翌日の体重は気にしないようにしましょう!

対策には「たくさん汗をかく」「カリウムをとる」ことがおすすめです。

サウナに入ったり湯船に浸かって汗をかく、野菜や果物を食べて水分を排出するカリウムを摂取するなど、身体から塩分を出すようにしてみましょう💡

原因② 運動不足

運動不足によって血流が悪くなり、体の体液が下に溜まっていくことで浮腫みを引き起こすこともあります💦

夕方になるとふくらはぎがパンパンになって辛い!というかたは運動不足が原因かもしれません。

デスクワークなど動きが少ないお仕事をされている方は、なるべくこまめに立ち上がり散歩をするのもおすすめです!

筋肉にはポンプ作用があるので、動かすことによって血管が押し出されて水分の循環がよくなります。

また、生理前の浮腫みも運動によって改善できる効果が期待できます🍀

浮腫みを気にしすぎるのは良くありませんが、改善方法のひとつとして運動を取り入れたり食事を意識することは、生活の質や健康レベルをあげることに繋がります!

LEDONIAでは1日の終わりや土日の休みを利用してトレーニングされる一般の方が多くご来店されています。

気軽に運動を始めたいという方にぴったりのジムです☺️

ぜひ一度ご体験にお越しください♪