【トランス脂肪酸】質の悪い油は避けましょう!

こんにちは!八丁堀・新富町、目黒・白金台のパーソナルジム、LEDONIA(レドニア)です!

今回はダイエットの成功や健康寿命を伸ばすために大切な脂質についてのお話です。

以前、糖質制限が話題になった時期がありました。

その時はあまり脂質が注目されることはなかったように思いますが、最近では「質の良い炭水化物はきちんと食べつつ、過剰な脂質摂取に気をつける」と謳っているメディアや本をよく見かけます。

身体に負担の少ないダイエットという意味でもそうですが、今後長い人生を健康的に歩んでいく上でも「過度な糖質制限」よりも「身体に悪影響のある脂質を避ける」ことの方が大切です!^^

今回は特に避けたい脂質である「トランス脂肪酸」をぜひ覚えていただければと思います。

このトランス脂肪酸、アメリカでは『殺人脂肪』と呼ぶほど危険視されており、一定基準よりも多く含まれてる食品を違法としています。

人工的に作られた油のことを指していて、保存しやすく安価であることが特徴です。

人体にとっては不自然なものであるため、分解・代謝するのに時間がかかり大量のビタミン、ミネラルが消費されます。

また、体内に蓄積されやすく活性酸素を大量に発生させます。何より生活習慣病のリスクを高めてしまう恐ろしい食品です…!

トランス脂肪酸は様々な食品に含まれています。

スーパーやコンビニの揚げ物、アイス、チョコ、スナック菓子、パン、ケーキ、フライドポテトなど、日頃から気をつける意識を持たないと避けることが難しいです(´・_・`)

欧米各国とは違って日本では国家レベルでの対応はまだありません。

私たちの身体は食べたもので見た目や健康が大きく左右されるので、運動と同じくらい何を食べるかが大切です!

まずはトランス脂肪酸を避けるため、「植物油脂」や「ショートニング」といった記載のある加工品を摂取しないように心がけることから始めてみましょう!