健康な身体づくりに油は必要!!

今回はダイエットや身体づくりで見落としがちな油(脂質)のお話です。

油は人間が生きていくためには必要な栄養素の一つで、とても重要な働きをしています。

*油の役割*

①細胞膜などの生体膜を形成します

その膜を通して酸素や栄養を細胞内に取り込んだり、老廃物を排出する、細菌やウイルスの侵入を防ぐ、細胞同士の情報伝達をする。

②第二のエネルギー源

真っ先に使われるのは、糖質ですが、糖質がなくなってくると脂質からエネルギーを補うようになります。

脂質は糖質の約2倍のエネルギーを放出するので、効率の良いエネルギー源になります。

③熱の発散を防いで体温を保つ

④ビタミンA、D、Kなどの脂溶性ビタミンの吸収を助ける

*油の分類*

【飽和脂肪酸】(常温では固体)

○短鎖脂肪酸-バターなど

○中鎖脂肪酸-ココナッツオイル、パームオイルなど

○長鎖脂肪酸-肉の脂など

【不飽和脂肪酸】(常温では液体)

○一価不飽和脂肪酸

オメガ9-オリーブオイル、米油

○多価不飽和脂肪酸

オメガ6-サラダ油、コーン油

オメガ3-亜麻仁油、えごま油、魚の油

【トランス脂肪酸】

マーガリン、ショートニングなど

*体に悪い油*

①トランス脂肪酸

②酸化した油

③過剰なリノール酸

*体に良い油*

①αリノレン酸

②EPA・DHA

③オレイン酸

次回は【体に悪い油】【体に良い油】について掘り下げていきます!!